通信制高校試験注意点

通信制高校試験受ける際の注意点

通信制高校での単位認定について

通信制高校においても全日制高校と同様に、単位認定試験なるものが実施します。これに通らなければ単位は認定されず、卒業もできないということになってしまいます。合格するための注意点は、レポートをしっかりまとめることと、スクーリングで指導をきっちり受けること。これに限ります。通信制高校は自宅学習が基本になる分、どうしても教員から指導ということが不足しがちです。そのため、レポート提出とスクーリングでの指導は命綱です。試験もレポート内容から出ることが多いので、この内容を頭に確実に入れることがとても大切になります。レポートとスクーリング、この注意点をしっかり守ることが単位認定への確実な道になります。

試験を受ける際の注意点

高校受験に大学受験・就職試験など、私たちはさまざまな試験を乗り越えて、社会人になります。そして、社会人になった後も、資格取得のために受験をしたり、社内での勉強会に参加し、必要な技能・スキルの習得に励むのが一般的です。しかし、受験の際に忘れてはならない肝心な注意点があります。それは、問題をよく読むこと。問題の意図をしっかりと把握することです。子どもの頃からずっと受験に慣れてきた私たちは、「ああ、そうか」と思いすごしで答案に向かうことが往々にしてありがちです。油断大敵とはまさにこのことで、問題がいくら簡単に思えても全力で向かっていくことが大切です。百獣の王ライオンは、獲物が小さくとも全力で倒しにいくと言われています。この姿勢を見習い、決して油断などすることなく、100%の力で臨むことが必須です。

↑PAGE TOP